豚肉のゴリヤク

我が家のパートナー犬達は、
手作りご飯で育てている。

メインの食材はお肉。
もちろん、犬は肉食だからである。

いろいろなお肉や魚を、
数日から1週間単位でローテーションしていく。

豚肉、鶏肉がお手頃価格なので、
出番が多い。
100g100円以下で購入し、冷凍しておく。

でも、安いからだけが理由ではなく、
薬膳としてのゴリヤクが有難いからでもある。

豚肉の日の一例

豚肉

腎の働きを助け、氣血を補う

滋養強壮

カラダに潤いを与える


体質:
気虚、血虚、陰虚


五性(カラダを冷やす、温める):



五味(味が持っている効能):

甘・しん

影響する臓腑 :

脾・胃・腎

主な作用 :

滋養強壮強壮、乾燥肌、空咳、喉の乾き、便秘、貧血など

主な栄養素:

コラーゲン、タンパク質、ビタミンB1,B2、飽和脂肪酸

肉の色の分類:

ピンク



パートナー犬のLEOは、

肝機能が悪い。
東洋医学的には、腎の働きを助けると、肝臓にも良い影響がある。

KOKOは、

乾燥肌で、カサカサしている。
また、カラダが小さく線が細い。

筋肉と体力をつけたい。


なので、2匹にとって、豚肉は強い味方だ。

ペロリと食べてくれると、とても幸せな氣分になる。

それが1番のゴリヤクかもしれない。

あくあぴこ

動物病院経営、鍼灸師の経験を活かして、
愛犬を東洋医学で癒す術を広める鍼灸師。

(一社)ぺット鍼灸セラピー協会 代表。

犬好きなアメリカ人の旦那様
愛犬トイプードルのLEOとKOKO
娘と娘の愛犬 アネラ
千葉県内でワイワイ暮らす。

東洋医学、犬との生活、精神世界に大変興味あり。

Inner Peace Lab

Inner Peace『内なる平和』『心の平静』 心の平静があれば、ぶれない自分、本当の自分でいられる。 全ての恵みに感謝して、より健康で、より幸せに生きていくことができる。 犬も猫も人も東洋医学でホリスティックに、より自分らしく幸せに生きるための情報発信サイト

0コメント

  • 1000 / 1000