豚肉のゴリヤク

我が家のパートナー犬達は、
手作りご飯で育てている。

メインの食材はお肉。
もちろん、犬は肉食だからである。

いろいろなお肉や魚を、
数日から1週間単位でローテーションしていく。

豚肉、鶏肉がお手頃価格なので、
出番が多い。
100g100円以下で購入し、冷凍しておく。

でも、安いからだけが理由ではなく、
薬膳としてのゴリヤクが有難いからでもある。

豚肉の日の一例

豚肉

腎の働きを助け、氣血を補う

滋養強壮

カラダに潤いを与える


体質:
気虚、血虚、陰虚


五性(カラダを冷やす、温める):



五味(味が持っている効能):

甘・しん

影響する臓腑 :

脾・胃・腎

主な作用 :

滋養強壮強壮、乾燥肌、空咳、喉の乾き、便秘、貧血など

主な栄養素:

コラーゲン、タンパク質、ビタミンB1,B2、飽和脂肪酸

肉の色の分類:

ピンク



パートナー犬のLEOは、

肝機能が悪い。
東洋医学的には、腎の働きを助けると、肝臓にも良い影響がある。

KOKOは、

乾燥肌で、カサカサしている。
また、カラダが小さく線が細い。

筋肉と体力をつけたい。


なので、2匹にとって、豚肉は強い味方だ。

ペロリと食べてくれると、とても幸せな氣分になる。

それが1番のゴリヤクかもしれない。

あくあぴこ

【人間と同じ様にワンちゃんにもツボがあります】

⭐︎『いぬのつぼ』日本No.1の知識を誇る
🐾世界初・ペット鍼灸セラピースクール運営
♡いぬ専門ライター
⭐︎いぬ以外にも飼い主さんのツボにもアプローチ可能
※実は鍼灸師歴15年

【メディア掲載】
2010年3月 月刊医道の日本 4月号
2013年1月 レトリーバー・ファンSpecial vol.2 誠文堂新光社
2016年5月 鍼灸柔整新聞
2017年2月 猫とも新聞 vol.18
2017年12月 いぬのきもち1月号 ベネッセ
その他 NHK BS

Inner Peace Lab

Inner Peace『内なる平和』『心の平静』 心の平静があれば、ぶれない自分、本当の自分でいられる。 全ての恵みに感謝して、より健康で、より幸せに生きていくことができる。 犬も猫も人も東洋医学でホリスティックに、より自分らしく幸せに生きるための情報発信サイト

0コメント

  • 1000 / 1000