パテラ予防エクササイズ

パートナー犬のKOKO(トイプードル♀ 2020/9生まれ)は、

見事に両側パテラ(膝蓋骨脱臼)。

パテラ(膝蓋骨脱臼)とは?

膝のお皿(膝蓋骨)が、
本来収まっているはずの溝からズレて脱臼してしまう
脱臼の程度(グレード1〜4)によっては

関節や靭帯に傷がついてしまい、痛みがでる。

進行すると、筋肉の萎縮や骨の変形が起こり、痛みが増し、歩行に影響。

グレード1:膝蓋骨は触診で簡単に外せるが、手を離すと正しい位置に戻る。

グレード2:膝を曲げ伸ばしするだけで、簡単に膝蓋骨が外れる。

グレード3:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押すと元に位置に戻せる。

グレード4:膝蓋骨は常に外れたままだが、手で押しても元に位置に戻らない。


譲渡前にグレード3〜4と聞いていたが、

実際の様子は、限りなく3に近いが、グレード2〜3のようだ。


カラダも小さく、骨、筋肉が作られる時期の今(生後6ヶ月まで)、

カラダ作りの正念場。


パテラのことを調べていたら、

アニコム損保のサイトに、「パテラ予防エクササイズ」が紹介されていた。

内容は、とても簡単。

屈伸運動と、太ももマッサージ(ここでは、太ももくるくる)の2種類。

このエクササイズを続けると、発症率が下がるとのこと。

パンフレットもダウンロードできるので、記事のリンクを貼っておく。

さっそく実行してみた。


カラダの内側を急に触ると、怖がることがあるので、

全身を軽く撫でながら様子を見ていたら、

氣持ちいいのか、お腹を上に向け出したので、

太ももマッサージを30秒。


この頃はすでに寝てしまった。

あまり参考になる画像ではないがご覧の通り。


KOKOの場合、太腿の内側の内転筋が、少し硬く感じた。

ほぐすイメージで、30秒程度クルクル。

指ではなく、ローラー鍼でもできる。


ついついもっとやってあげたくなるが、どんなことでも腹八分目が良い。

特に、パピーだと、カラダの変化に対応できないこともある。


もうひとつの屈伸運動だが、こちらは少しコツが必要だ。


というのは、関節の曲がる方向、角度など、カラダって複雑だ。

すでにパテラを発症している場合、関節に炎症があると、悪化させてしまう。


100回も屈伸運動させるので、鍼灸師である私の個人的な見解だが、

整形外科、リハビリが得意な獣医師に相談して、

適切な力加減、運動法を確認することをオススメしたい。


ペットへの鍼灸で、パテラの施術には頭を悩ませていた。

痛がるだろう、触りにくいだろうという固定概念で、

内側にアプローチをするという発想がなかったので、

目から鱗が落ちた。


今後のご相談にぜひ活かしたい。




あくあぴこ

【人間と同じ様にワンちゃんにもツボがあります】

⭐︎『いぬのつぼ』日本No.1の知識を誇る
🐾世界初・ペット鍼灸セラピースクール運営
♡いぬ専門ライター
⭐︎いぬ以外にも飼い主さんのツボにもアプローチ可能
※実は鍼灸師歴15年

【メディア掲載】
2010年3月 月刊医道の日本 4月号
2013年1月 レトリーバー・ファンSpecial vol.2 誠文堂新光社
2016年5月 鍼灸柔整新聞
2017年2月 猫とも新聞 vol.18
2017年12月 いぬのきもち1月号 ベネッセ
その他 NHK BS

Inner Peace Lab

Inner Peace『内なる平和』『心の平静』 心の平静があれば、ぶれない自分、本当の自分でいられる。 全ての恵みに感謝して、より健康で、より幸せに生きていくことができる。 犬も猫も人も東洋医学でホリスティックに、より自分らしく幸せに生きるための情報発信サイト

0コメント

  • 1000 / 1000